2018

 

SCHOLA.mobilis

 

 

 

2018.12.22(土)町内の人たちといっしょに外国の冬のおいしさを味わいました。みんなで作ったのは日本でホットワインとして知られる飲み物です。同じ飲み物がドイツではグリューヴァイン、南の国ブラジルではケンタォンと呼ばれます。

 

●どうして寒い国の飲み物に暑い国の材料が要るの?

 

●どうして南の国に寒い国から来た人がおおぜい住んでいるの?

 

●どうして外国のスパイスは使い方がムズイの?

 

たくさんの『どうして』+ホットワインといっしょに、シュトレン(独-伯)とパネトーネ(伊-伯)をいただききました。

 

 

会場アルバムをどうぞ!

 

               ☟

 

①まずクリスマスの説明が書いてある古~い辞書を見ました。どこに古さ(出版年)が書いてあるかよそのお母さんが教えてくれました。

 

②③いちばんむずかしかったのはカラメルソース作りでした。初めて会った町の人たちがいっしょに砂糖を煮詰めています。

 

④➄材料のフルーツとスパイス

 

⑥ワイン(子どもたちはグレープジュース)の中に全部入れて煮るだけ。

 

⑦今日食べたのはシュトレン(手前)とパネトーネ。大きい子たちが上手に切り分けてくれました。きっと分数の計算も上手!

 

⑧もうすぐ誕生日の人がいたのでみんなでお祝いしました。

         ★今日のベストシーン!

  ママにりんごの切り方を習うYちゃん!じょうずねぇ~!

 

<ホットワインの材料>

 

さとう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1カップ

水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2カップ

赤ワイン(子ども用はグレープジュース) ・・・・・・・・1

 

りんご(いちょう切り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中1

 

すりおろしたオレンジ(レモン、ライム)の皮・・・・・・・1

 

うす切りショウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

 

クローブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・てきとうに

 

シナモンスティック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・てきとうに